本物の自然素材を使う家づくり

本物の素材を使う 構造的な話

投稿日: カテゴリー: ブログ, 家づくり・構造

家づくりで重要な事

住宅には大きく分けて、3つの要素があります。そのひとつにハード的要素(建物としての製品的価値)があります。

ハード的要素(建物としての製品的価値)とは

①構造的な要求

丈夫で長持ちすること、耐久性などのこと。例えば耐震性であったりします。
大きな地震があったりすると、量産ハウスメーカーなんかはCMで「地震に強い家」なんてやったりしてます。

②機能的な要求

便利で近代的な生活が送れるよう、多機能のユニットバスがあったり、システムキッチンがあったりしますが
最近では、断熱性能なんかも省エネルギーという観点から求められるようになってきました。
また、この他壁材が漆喰で・・・珪藻土で・・・空気の浄化作用があるとか

③ファッション的な要求

見た目が趣味にあっているもの。

④その他、製品として完全であること。

これらの要素、テレビCMや新聞折り込みチラシなどで目にされる方も多いと思います。

一般的な、量産ハウスメーカーや量産ビルダーなどは、これらの事のうち1つか2つを売りにして宣伝しています。

また、一般的な消費者もこれらうち1つまたは複数を満たしているものを選んでいます。残念ながら、それは間違った選択です。でも、仕方ありません・・・それしか知らないのですから。

しかし、先にも書きましたように住宅には3つの要素があります。

ハード的要素だけで決めてしまっては、家づくりは1/3しか成功していないことになります。

みなさんが、家づくりで失敗することがないよう、残りの2つの要素も後日お話したいと思います。

それから、本物の素材のお話もしていきます。